◇大相撲秋場所<10日目> 大関豪栄道は大関照ノ富士を寄り切って、10戦全勝で単独首位を守った。横綱日馬富士は碧山を寄り倒して9勝目を挙げ、平幕の遠藤とともに1敗をキープした。照ノ富士は4勝6敗。

 綱とりの稀勢の里は琴奨菊との大関対決を寄り切りで制して勝ち越した。横綱鶴竜は関脇宝富士を退け、琴奨菊とともに7勝3敗。新関脇高安は隠岐の海を下して勝ち越した。2敗は稀勢の里、高安、琴勇輝の3人。

 十両は大輝と阿武咲が2敗でトップに並んだ。◆61戦目琴奨寄る 満員の館内から万雷の拍手と歓声が降り注ぐ中、充足感に満ちあふれた顔で土俵を下りた。綱とりに挑む稀勢の里が、長年のライバルである琴奨菊との...    
<記事全文を読む>