大相撲秋場所10日目(20日、両国国技館)の郷土勢は、幕下の白鷹山(白鷹)が突き出しで鏡桜を下した。名古屋場所では惜しくも3勝止まりだった大岩戸(鶴岡)は、引き落としで碧の正を破り勝ち越しを決めた。

 三段目の北勝鶴(鶴岡)はすくい投げで頂に敗れた。

 序二段の最上錦(大蔵)はすくい投げで仲井を、琴大興(東根)は押し倒しで朝横道をそれぞれ下した。ほかは取組がなかった。

...    
<記事全文を読む>