ハンドボールの日本リーグ(JHL)の琉球コラソンは19日、山梨県の小瀬スポーツ公園体育館で北陸電力と対戦し、29―26で退けた。後半11分にリードを奪って以降は、終始3~4点差をキープする形で、安定した試合運びを見せた。通算成績は2勝1敗。

 次戦は22日、午後2時沖縄市体育館。今季4戦目でホーム初戦となる湧永製薬を迎え撃つ。琉球コラソン 2勝1敗29―26(12―12,17―14)北陸電力 3敗◆速いテンポ積極的攻撃/後半一気に流れ 開幕から3戦目。この日も前半は12―12と、これまで同様に、シュートミスやパスが乱れ、ややぴりっとしない内容だった琉球コラソン。ボールを丁寧に回し過ぎて、...    
<記事全文を読む>