宮城県で初開催となる実業団選手による自転車ロードレース大会「第1回JBCF仙台クリテリウム」が19日、仙台市若林区の卸商団地で開かれた。

 全日本実業団自転車競技連盟などでつくる「せんだいサイクルフェスティバル実行委員会」の主催。東北をはじめ、全国各地から集まった約150人が4部門(19.35~36.55キロ)に出場した。選手たちは1周2.15キロの特設コースを風を切って周回し、沿道から盛んな拍手を浴びた。

 会場では「せんだいサイクルフェスティバル2016」も同時開催され、招待選手によるエキシビションレースや小学生以下が対象の「キッズサイクルスクール」などの催しでにぎわった。

 クリテリウ...    
<記事全文を読む>