アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは19日、日光霧降アイスアリーナでドラゴン(中国)と対戦、3-4で競り負け、開幕3連勝を逃した。通算成績は2勝1敗の勝ち点6。試合消化数はリーグで2番目に少なく、順位は5位。

 バックスは第1ピリオド12分40秒、新人FW古橋真来(ふるはしまくる)の3試合連続得点で先制。反撃を受けて3点を失ったが、第2ピリオド19分50秒にFW寺尾勇利(てらおゆうり)が決めて1点差に追い上げた。

 第3ピリオドはさらに攻勢を強め、14分58秒にFWマーク・ディレイゴがこぼれ球を押し込んで同点。しかし、反則で2人少ないキルプレー中の19分49秒に決勝点を...    
<記事全文を読む>