ソフトボール男子の全日本総合選手権最終日は19日、愛媛県八幡浜市の王子の森スタジアムなどで準決勝、決勝があり、平林金属ク(岡山)が決勝でダイワアクト(佐賀)に2―1で競り勝ち、4年ぶり3度目の優勝を飾った。同選手権は実業団、クラブ、大学の枠を超えて日本一を争う国内最高峰の大会で、全国の32チームが出場した。(記録は岡山関係分) ▽準決勝高崎市役所(群馬)0001001|2100005X|6平林金属ク ▽決勝ダイワアクト0001000|1000200X|2平林金属ク

...    
<記事全文を読む>