パラリンピック旗が東京へ引き継がれた。リオデジャネイロ大会最終日の十八日、旗を受け取った小池百合子知事は二〇二〇年大会への意気込みを語り、選手や大会関係者は東京への期待を口にした。日本待望の金メダルに期待がかかった女子マラソン(車いす)の土田和歌子選手(41)=東京都多摩市、八千代工業=は四位の結果を悔しがりながらも、複雑な胸中をのぞかせた。

 日本全体で金メダルがないまま迎えた最終日の最後の種目。最後まで誰が勝つか分からない車いすマラソンらしい熱戦を終え、土田選手は「残念だけど、自分の力を出し切った42・195キロだった」と目を潤ませた。

 上位陣の競技用車いす「レーサー」が一斉にゴール...    
<記事全文を読む>