【浦添】リオデジャネイロ・オリンピックの自転車ロードレース競技に出場した内間康平選手が14日、浦添市役所で松本哲治市長にレース結果を報告し、「東京オリンピックのメダル獲得に向けて頑張っていきたい」と4年後の五輪に向けて決意を示した。

 他の選手と接触して落車するアクシデントもあり、時間制限のため途中棄権した。だが、一緒に出場した県出身の新城幸也選手をアシストするという、チームから与えられた役割について「出された作戦は全て実行した。仕事を完璧にこなせた」と胸を張り、「いいオリンピックになった」と話した。

 標高1800メートルのフランスの高地で仕上げの合宿をして現地入りしたことを説明し、「低...    
<記事全文を読む>