アイスホッケー・アジアリーグの王子イーグルスは18日、苫小牧市白鳥王子アイスアリーナで日本製紙クレインズを5―1で下し、2368人のファンが見守る中、開幕2連勝を飾った。

 王子は第1ピリオド7分すぎ、FW高橋聖二選手のパスをDF芳賀陽介主将がダイレクトでミドルシュートを放ち先制。第3ピリオドには、今季加入のマーリー選手が初得点を挙げ、最後は高橋選手が2試合連続となるダメ押し点でライバルを突き放した。

 1ゴール2アシストの高橋選手は「開幕2連戦はチームとしても個人としても波に乗りたかった」という。昨季は、エースの久慈修平選手がドイツ一部リーグ参加などで得点力不足が懸念された中、チーム最多...    
<記事全文を読む>