アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは18日、日光霧降アイスアリーナでドラゴン(中国)と対戦、6-2の快勝で開幕2連勝を飾った。

 バックスは第1ピリオド5分15秒、FW寺尾勇利(てらおゆうり)が先制。同点に追い付かれた直後の8分23秒には、反則で1人少ないキルプレー中にFWデイビッド・ボンクが勝ち越し点を挙げた。

 その後は、衰えないスピードと運動量で相手を突き放した。開幕戦でプロ初得点を挙げた新人FW古橋真来(ふるはしまくる)が、この日は2得点。終了間際には、FW岩本和真(いわもとかずま)に今季初得点が生まれた。

 バックスの次戦は19日午後2時から、日光霧降アイスアリ...    
<記事全文を読む>