藍住町出身の松友美佐紀選手(日本ユニシス)のリオデジャネイロ五輪での金メダル獲得を記念し、子ども向けのバドミントン講習会「次のオリンピアンは誰だ」(県バドミントン協会主催)が17日、松茂町総合体育館で開かれた。「目指せ第2の松友選手」を合言葉に、県内の小学3年生までの園児、児童56人が参加し、心地よい汗を流した。

 参加者は、2000年シドニー五輪・女子ダブルスに出場した岩田良子さん(ヨネックス)から、ラケットの持ち方や振り方など基本的な動作について教わった後、手投げノックで実際にシャトルを打った。

 松友選手が小学生時代に所属していた藍住エンジェルスポーツ少年団の選手による模範試合もあり...    
<記事全文を読む>