鹿児島県の三反園訓知事がドーム球場の建設に意欲を示していることが、スポーツ界に波紋を広げている。天気に左右される野球関係者からは歓迎の声が上がる一方、屋内競技関係者は体育館整備が後回しになる可能性を懸念する。専門家は、幅広い意見の集約と将来的なビジョンの必要性を訴える。

...    
<記事全文を読む>