カヌーの2016ワイルドウオータージャパンカップ第5戦は17日、揖斐郡揖斐川町の揖斐川特設カヌー競技場で男女2種目を行い、男子カヤックシングルで渡辺正浩(八百津高教)が準優勝した。

 男子20人、女子8人のナショナルチームのメンバーを含む国内トップ選手らが出場。渡辺は、前半の静水域でのスプリントはもちろん、終盤の急流域でもうまく流れに乗り、加速。1位の選手には0秒32の僅差で敗れたものの、いわて国体直前の大会を好成績で締めくくった。加藤哲平(恵峰学園)は8位だった。また女子カヤックシングルは井戸奈津美(県協会)が4位だった。

 18日は同競技場で、スラロームのジャパンカップ第6戦が行われる...    
<記事全文を読む>