自転車ロードレースの国内ツアー戦、Jプロツアー(JPT)の第十六戦「タイムトライアルチャンピオンシップ」が十一日、渡良瀬遊水地で開催された。

 山口県で行われたJPT二連戦から国際自転車競技連合(UCI)公認の国際レース「ツール・ド・北海道」と、二つの長距離遠征を経て迎えた今レース。

 宇都宮ブリッツェンは地元開催レースということもあり、勝利は狙いつつも、選手の疲労がピークにあることも考慮。

 各選手が自己ベストのタイムを更新すること、同スケジュールの遠征で疲労を抱えるマトリックスパワータグのホセビセンテ・トリビオ選手から個人ランキング首位を奪うことを目標にレースに臨んだ。

 レース当日は雨予...    
<記事全文を読む>