青森県内の知的障害がある人がスポーツに取り組める環境づくりを目指し、「スペシャルオリンピックス(SO)日本・青森」(事務局・青森市)が19日から、クラウドファンディング(CF)で活動資金を募る。リオデジャネイロパラリンピックでは、パラアスリートが世界の舞台で躍動。一方、障害者スポーツの現状に目を向ければ、活動を支えてきた保護者が高齢化などで亡くなり、本人が継続したくても経済的な理由で断念するケースが顕在化しているという。関係者は「スポーツは障害者の社会参加にもつながる。何としても成功させたい」と協力を呼び掛けている。

...    
<記事全文を読む>