日本スポーツマスターズ2016秋田大会(日本体育協会、県、県体育協会主催)は17日、会期前開催の水泳が秋田市の県立総合プールで始まり、年齢別の13種目でタイム決勝を行った。39都道府県から男女計568人が参加。秋田県勢は男子が200メートル個人メドレー(40~44歳)で高清水清大、100メートル背泳ぎ(40~44歳)で西野毅がそれぞれ初優勝。女子は100メートル自由形(45~49歳)で谷内祐子が初の頂点に立った。

 18日は同プールで午前9時から11種目で熱戦を展開する。

...    
<記事全文を読む>