◇大相撲秋場所<7日目> かど番の大関豪栄道が平幕隠岐の海との全勝対決を右上手出し投げで制して、単独首位に立った。

 綱とりの大関稀勢の里は関脇宝富士を寄り切って2敗を保った。両横綱は日馬富士が妙義龍を上手投げで下して1敗を堅持。鶴竜は関脇高安に寄り倒されて3敗に後退した。高安は5勝2敗。

 かど番の大関琴奨菊が5勝目を挙げたが、大関照ノ富士は3敗目。無敗の豪栄道を1敗で日馬富士、隠岐の海、遠藤が追う。十両は阿武咲が7連勝で単独トップ。

      ◇ 大関のプライドに懸けて負けられなかった。快進撃の隠岐の海の前に立ちはだかった豪栄道は「負けないと思っていった」。敗れれば2横綱4大関全員が黒...    
<記事全文を読む>