リオデジャネイロ・パラリンピック車いすラグビーは17日、1次リーグ最終戦で金メダル候補の米国に延長戦の末に敗れたが、2勝1敗で準決勝進出を果たした。札幌市中央区の飲食店では観戦会が開かれ、エースの池崎大輔選手(38)=函館市出身、岩見沢高等養護学校卒=らに声援が送られた。

 池崎選手が所属する、岩見沢などが拠点の車いすラグビークラブ「北海道ビッグディッパーズ」のチームメートら約20人が、日の丸をあしらった帽子をかぶるなどして観戦した。池崎選手が強烈なタックルで相手からボールを奪うと「ナイス」「さすがイケさん」などと声が飛んだ。白熱した終盤は会場から「ニッポン」コールが起きた。

 ディッパー...    
<記事全文を読む>