大相撲秋場所7日目(17日、両国国技館)の郷土勢は、幕下の白鷹山(白鷹)が高春日を寄り切って2勝目を挙げた。

 序二段の琴大興(東根)ははたき込みで鈴木に敗れ、高馬山(米沢)は覇王に寄り切られた。ほかは取組がなかった。

...    
<記事全文を読む>