◎開幕新設コースに175人参加 東日本大震災からの再生を支援する自転車イベント「ツール・ド・東北2016」(河北新報社、ヤフー主催)は17日、2日間の日程で開幕した。牡鹿半島を駆け抜けるチャレンジグループライド(100キロ)が行われ、出場者は復興途上の半島の道で自転車を軽快に走らせた。

 出場した175人は15組に分かれ、午前8時35分から順次、発着点の石巻専修大(石巻市)をスタートした。グループを組んだ仲間と励まし合い、起伏の激しいコースに挑んだ。

 グループライドは今回の新設コース。復興の現状などを伝える「語り部ステーション」を初めて設けた。計4カ所のうちスタート地点から最も近いJR女...    
<記事全文を読む>