山口県は16日、リオデジャネイロ五輪レスリンググレコローマンスタイル59キロ級で銀メダルを獲得した、柳井学園高校出身の太田忍選手(22)=ALSOK=に県スポーツ特別褒賞を贈った。太田選手は銀メダルを胸に掲げ、県レスリング協会の勝村靖夫名誉会長、同校の中原康善校長と一緒に県庁を表敬訪問。村岡嗣政知事から賞状と副賞の目録を受け取り、「名誉ある賞に恥じないよう、東京五輪での金メダルを目指して頑張りたい」と決意を新たにした。エントリーしていた10月の岩手国体は欠場する予定で、今後は12月の全日本選手権への出場を視野に調整していくという。村岡知事は「日本レスリングのトップバッターとして重圧もあ...    
<記事全文を読む>