県は十六日、来月一日から十一日まで岩手県で開かれる第七十一回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」の県選手団を発表した。県内からは三十一競技に選手・監督計三百二十五人が出場する。総合開会式は一日、北上市の北上総合運動公園北上陸上競技場であり、亀山高校三年で、少年男子で重量挙げ三連覇を目指す川友章選手=今年は85キロ級に出場=が選手団の旗手を務める。

 成年勢では陸上競技男子走り高跳びでリオデジャネイロ五輪出場の衛藤昂選手(AGF鈴鹿)が国体二連覇に挑む。馬術女子馬場馬術に出場する仁川アジア大会銀メダリストの奥西真弓選手(名張乗馬クラブ)も国体二連覇が懸かる。

 東京五輪に向けて今年から導...    
<記事全文を読む>