リオデジャネイロ五輪のレスリング男子グレコローマンスタイル59キロ級で銀メダルを獲得した太田忍選手(22)が16日、五輪後初めて「第二の古里」の柳井市を訪れた。母校の柳井学園高で結果を報告し、全校生徒約360人の祝福を受けた。

...    
<記事全文を読む>