リオデジャネイロ・パラリンピック競泳の男子100メートル平泳ぎ(知的障害)で、田中康大選手(26)=千葉市美浜区在住=は惜しくもメダルには届かなかったものの、見事、四位入賞を果たした。前回大会で金メダルを獲得し、プレッシャーのかかる中での四年間の頑張りに、田中選手が通う習志野市の就労支援施設「あかね園」の利用者らは温かい拍手を送った。

 あかね園の食堂では十五日、昼休みに利用者ら約八十人がレースを録画で観戦した。絵が得意な田中選手がデザインしたTシャツ姿の人もいて「ガンバレー」と声援。ゴールすると拍手して健闘をたたえた。

 田中選手は、前回(二〇一二年)のロンドン大会で世界新記録(1分6秒...    
<記事全文を読む>