リオデジャネイロ・パラリンピックの車いすテニス女子シングルスで、日本女子初の銅メダルを勝ち取った兵庫県明石市出身の上地結衣選手(22)=明石商業高卒=。悔しい試合が続いた後に訪れた歓喜の時に、恩師や友人からは祝福やねぎらいの声が上がった。

 2大会連続出場の上地選手は、同大会でシングルスとダブルスに出場。ともに準決勝で惜敗し、ダブルスの3位決定戦でも悔し涙を飲んだ。迎えたシングルスの3位決定戦。オランダの若手選手を相手に正確なショットを続け、見事なストレート勝ちを収めた。

...    
<記事全文を読む>