第68回全日本総合女子ソフトボール選手権(大分合同新聞社後援)は17日、別府市民球場などで開幕する。2020年東京五輪で実施種目に復帰決定後、最初の全日本女子大会。今大会参加選手から日本代表が出ることが予想される注目度の高い大会となる。県内での開催は07年以来。

 08年北京五輪で日本の金メダル獲得に貢献した上野由岐子投手が所属するビックカメラ高崎など日本女子リーグ1部の12チームを含む32チームが熱戦を繰り広げる。入場無料。第1日は1回戦があり、第2日は2回戦と準々決勝、最終日は準決勝と決勝がある。決勝は正午から別府市民球場で行われる予定。

 県勢は6月の九州大会を制した日本文理大と準優...    
<記事全文を読む>