高岡市の氷見哲正教育長は十四日、市議会九月定例会本会議の代表質問で、東京五輪(二〇二〇年)の事前合宿誘致として、リオデジャネイロ五輪レスリング女子48キロ級で同市出身の登坂絵莉選手が金メダルを獲得したレスリングと、日本トップクラスのトナミ運輸チームが同市をホームタウンにしているバドミントンの二競技を誘致強化種目として取り組んでいることを示した。合宿誘致を見据えて、市総合体育館の整備計画の概要も説明した。(武田寛史) 事前合宿には、両競技が盛んな国の誘致を検討している。レスリングの強豪国のポーランドを相手国として、人的、経済的、文化的な相互交流を図る地方公共団体「ホストタウン」の登録も目...    
<記事全文を読む>