持ち味の堅守を立て直していい流れに乗った。天摩由貴=八戸市出身=が出場するゴールボール女子の日本はアルジェリアを7得点で圧倒し、1次リーグ最終戦を締めくくった。前日の米国戦で5失点と守備が崩れ、チームを厳しく一喝した市川監督は「作戦通りの展開。選手に再び気持ちが入っていた」と及第点を与えた。航空機の遅延などを理由に到着が遅れたアルジェリアとの対戦は競技外の雑音も多く、難しい試合だった。日本は6人全員を起用し、守備でリズムをつかんで大量点を呼び込んだ。

...    
<記事全文を読む>