岐阜県は13日、リオデジャネイロ五輪競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した金藤理絵選手(28)=Jaked、ぎふ瑞穂スポーツガーデン=に県民栄誉大賞を贈った。同賞の受賞は6人目で、五輪関係では、2000年シドニー五輪の女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん以来2人目。

 岐阜市内で開かれた表彰式には、約600人が出席。金藤選手は「岐阜の皆さんの応援がなければ、メダルは獲得できなかった」と感謝を述べた。

 祝勝会では、県体育協会が五輪など世界最高峰の大会で優秀な成績を納めた選手をたたえる「田口福寿会スポーツ賞」を贈った。同賞は15年に創設され、金藤選手が初めて受賞した。
...    
<記事全文を読む>