宇都宮市で10月開催されるアジア最高位の自転車ロードレース「2016ジャパンカップサイクルロードレース」の記者発表会が13日、都内で開かれ、ファビアン・カンチェラーラ選手(スイス)が、同レースで引退することが発表された。2度の五輪金メダル獲得や世界選手権4連覇など、世界的“ビッグネーム”の引退レースが、25回目の節目を迎える大会に花を添え、世界の自転車ファンにとっても見逃せないレースとなりそうだ。

 記者発表の席上、主催者が発表した。

 カンチェラーラ選手は、「世界最速」「異次元」などとも形容される母国の国民的英雄。タイムトライアルのスペシャリストで、世界選手権個人タイムトライアル4連覇、...    
<記事全文を読む>