◇大相撲秋場所<3日目> 1横綱2大関が敗れた。綱とりの大関稀勢の里は栃ノ心の渡し込みに屈し、早くも2敗目を喫した。

 2横綱では日馬富士が平幕隠岐の海に寄り倒されて、土がついた。隠岐の海は2日連続4個目の金星。鶴竜は嘉風を押し倒して初白星を挙げた。全勝は豪栄道、隠岐の海、御嶽海、琴勇輝、千代翔馬の5人となった。

    ◇ 栃ノ心は立ち合いの変化やスピードのある相撲がなく、怪力を発揮する右四つにさえ組まなければ、稀勢の里にとって嫌な力士ではないはずだった。だが、立ち合いで右に動かれた。前のめりになりながら何とか残したものの、土俵際で勝負を急ぎ、突き落とそうとしたところで渡し込まれた。

 予想...    
<記事全文を読む>