ラグビーの二〇一九年ワールドカップ(W杯)を盛り上げようと、ラグビーのスクラム最多人数のギネス記録に挑戦するイベント(袋井青年会議所主催)が十一日、W杯試合会場の一つとなる袋井市のエコパスタジアムであった。今年八月に英国で記録された千二百九十七人を超える千五百六十五人が参加し、記録を更新した。

 赤色と黄色のTシャツを着た二チームが各三列になり、エコパのフィールド約百五十メートルにわたり向き合った。一列目は相手のTシャツをしっかりつかんで頭をつけ、二、三列目は前の人たちの体の間に頭を入れた。「セット」の号令で全員が姿勢を低くし、東端から投げ入れられたボールがスクラムの外に蹴り出された。成...    
<記事全文を読む>