今月開幕するプロバスケットボールBリーグB1西地区の滋賀レイクスターズは十一日、B1中地区の三遠ネオフェニックスとプレシーズンゲームを戦い、73-79で敗戦した。

 身長二一〇センチのセンター、デイビッド・ウィーバー選手が第二クオーター(Q)だけで10得点を挙げる活躍を見せ、前半は43-44で折り返し。一時は逆転したが、第四Qは相手の攻撃が内外ともリズム良く決まり、突き放された。ジュリアン・マブンガ選手が29得点と気を吐いたが、ボールを失うターンオーバーがチームで20とミスが目立った。

 「一つの声で解決する問題も多いので修正したい」と横江豊主将。遠山向人ヘッドコーチは「シーズン開幕前に試...    
<記事全文を読む>