相撲の全国選抜大学・実業団刈谷大会は11日、愛知県の刈谷市体育館特設相撲場であり、個人で黒川宗一郎(アイシン軽金属)が初優勝した。団体のアイシン軽金属(堀篤史、中村淳一郎、黒川宗一郎)はベスト8だった。

 黒川は約100人が出場した個人戦で1回戦から順調に勝ち進み、決勝でモンゴル出身のバーサンスレン・トゥルボルド(日大)を下して頂点に立った。

 団体ではアイシン軽金属が予選3勝を収めてグループ1位で決勝トーナメントに進出。準々決勝で東洋大に0-3で敗れた。

...    
<記事全文を読む>