大相撲西前頭5枚目の御嶽海(本名・大道久司、木曽郡上松町出身、出羽海部屋)は秋場所(東京・両国国技館)2日目の12日、西前頭4枚目の千代鳳(鹿児島県出身、九重部屋)を上手出し投げで下した。

 勝ち星を重ねていけば、先場所に続いて横綱、大関戦が組まれる可能性があり、御嶽海は「自分の相撲を取って白星をつなげたい」。

...    
<記事全文を読む>