【リオデジャネイロ=本社取材団】リオデジャネイロ・パラリンピック第四日の十日、視覚障害者による柔道は男子100キロ超級で二〇一二年ロンドン大会覇者の正木健人(29)=エイベックス=が銅メダルを獲得した。

 陸上女子走り幅跳び(切断などT42)の前川楓(かえで)(18)=チームKAITEKI=は四位。卓球女子で日本選手団最年長の別所キミヱ(68)=兵庫県障害者スポーツ交流館=はシングルス(車いす5)準々決勝で敗退した。

 第五日の十一日はボッチャのチーム(脳性まひ)準決勝で日本がポルトガルに快勝し、〇八年北京大会の初出場以来初のメダルとなる銀以上を確定させた。車いすテニスは女子シングルスで選...    
<記事全文を読む>