◇大相撲秋場所<初日> 1横綱2大関に土がつく波乱。大関稀勢の里は平幕隠岐の海に寄り切られ、綱とりへ苦しいスタートとなった。

 2場所連続9度目の優勝を狙う横綱日馬富士は小結魁聖を一方的に押し出したが、休場明けの横綱鶴竜は小結栃煌山に押し出しで屈した。

 かど番の2大関は豪栄道が栃ノ心を寄り倒し、琴奨菊は正代を寄り切った。大関照ノ富士は嘉風に敗れて黒星発進。新関脇の高安と宝富士もともに敗れた。

     ◇ 悲願の初賜杯と横綱昇進が懸かる稀勢の里が初日からつまずいた。立ち合いで得意の左差しを封じられると、隠岐の海にもろ差しを許す。無理に体を預け強引に前へ出たが、土俵際まで押し込むのが精いっぱい...    
<記事全文を読む>