第71回国民体育大会「希望郷いわて国体」水泳は10日、盛岡市立総合プールで競泳と飛び込みが行われ、少年女子B50メートル自由形でリオデジャネイロ五輪代表の池江璃花子(東京・淑徳巣鴨高1年)が24秒67の日本新記録をマークして連覇を果たした。

 金メダリスト2人も地力を発揮し、平泳ぎの成年女子100メートルはリオ五輪200メートル王者の金藤理絵(岐阜・ぎふ瑞穂スポーツガーデン)が制覇。同男子100メートル背泳ぎは萩野公介(栃木・東洋大4年)が勝ち、9日の200メートル個人メドレーと合わせ2冠を獲得した。

 東日本大震災から11日で5年半。池江は「震災直後、ボランティアに行きたかったが、機会が...    
<記事全文を読む>