社会人ラグビーのトップイーストリーグは10日、各地で開幕した。ディビジョン1(10チーム)の秋田ノーザンブレッツ(秋田NB)は、岩手県の釜石市球技場で釜石シーウェイブスと対戦。3点を先制したが、その後は立て続けにトライを奪われ、3―52で完敗した。2006年のディビジョン1加入以来、リーグ開幕戦は11連敗となった。

 次戦は19日午後1時から、秋田市のあきぎんスタジアムで日本IBMと戦う

...    
<記事全文を読む>