【リオデジャネイロ=本社取材団】リオデジャネイロ・パラリンピック第三日の九日、視覚障害者による柔道は女子57キロ級で初出場の広瀬順子選手(25)=伊藤忠丸紅鉄鋼=がスペイン選手との三位決定戦を制し、銅メダルに輝いた。二〇〇四年アテネ大会から採用された柔道女子で日本勢初の表彰台となった。

 二連覇を狙うゴールボール女子の日本は一次リーグで地元ブラジルを2-1で破って初勝利した。

 第四日の十日は、柔道で男子90キロ級の広瀬悠選手(37)=伊藤忠丸紅鉄鋼=が初戦で負け、敗者復活戦でも敗退。妻の順子選手と夫婦そろってのメダル獲得はならなかった。

...    
<記事全文を読む>