幕下勢では2場所連続2勝止まりの白鷹山(高田川部屋)は東27枚目から巻き返しを期す。体調を崩し不振だったが、快方に向かっている。「中に入る相撲などを意識して稽古に励んだ。今場所こそは勝ち越したい」と闘志を燃やした。元幕内のベテラン、東51枚目の大岩戸(八角部屋)は「十分に稽古はできた。一生懸命やるだけ」と力強かった。

 佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)を父に持つ西59枚目の琴鎌谷(佐渡ケ嶽部屋)は初の幕下となる。初めてまげを結って臨む場所に向け「いい状態。集中して頑張る」と意気込んだ。

 三段目勢では東6枚目の琴福寿野(佐渡ケ嶽部屋)は両膝に痛みがあるが、稽古を怠らなかった。幕下復帰に向け「自...    
<記事全文を読む>