2020年の東京五輪で採用された空手競技の「形」種目を県内で開催してもらおうと、翁長雄志知事を会長とする「東京オリンピック空手沖縄開催誘致実行委員会」が9日、県庁で発足した。競技の県内開催を通して「空手の発祥地、沖縄」を世界に発信する考え。県や県議会、県市長会、経済界や空手関係団体など計21団体が名を連ね、沖縄を挙げて誘致に取り組む姿勢を示した。

 翁長知事らは20日に全日本空手道連盟など関係機関を訪れ、空手の県内開催を要望する予定。26日以降も2020東京オリパラ組織委員会や世界空手連盟(WKF)などを訪ねる予定。県は、今後空手の県内開催誘致の一環としてシンポジウムなど機運醸成活動も実...    
<記事全文を読む>