県が検討中の「スポーツ振興条例」の条文に「未病」を盛り込むかどうかを巡る議論が、12日の県議会第3回定例会本会議で火花を散らした。代表質問に立った自民党の敷田博昭氏(横浜市都筑区)は「未病は広く県民に認知されていない。条例の文言になじまない」と指摘。黒岩祐治知事は「県民への理解は浸透しつつある。スポーツを通じた未病の改善を条例に位置付け、県民全体で取り組む」と反論、自らが掲げる最重要施策の意義を強調した。

 県は2019年ラグビーワールドカップ(W杯)や20年東京五輪・パラリンピックを控え、県民のスポーツへの機運や関心を高め、スポーツ振興の考え方や施策の方向性を明らかにするための条例制定...    
<記事全文を読む>