宇都宮市で10月21~23日に開催されるアジア最高位の自転車ロードレース「2016ジャパンカップサイクルロードレース」の記者発表会が13日、都内で開かれた。「世界最速」の異名を持ち、リオ五輪で金メダルを獲得したファビアン・カンチェラーラ選手(スイス)の現役最後のレースとなることが決まった。

 25回目の節目を迎える同大会は、世界の自転車ファンが注目するレースとなりそうだ。

...    
<記事全文を読む>