玉野市の東児が丘マリンヒルズGCで16日に開幕する女子プロゴルフのステップ・アップ・ツアー「山陽新聞レディースカップ」(日本女子プロゴルフ協会主催、山陽新聞社共催)の前夜祭が15日、岡山市のホテルで開かれた。従来の2日間から3日間に会期が拡大した大会を前に、選手たちが華やかな雰囲気の中で健闘を誓い合った。

 プロ全102選手をはじめ、大会を支援するゴルフトーナメント地域活性委員会の土井邦良会長やスポンサー関係者ら計約350人が出席した。松田正己大会副会長(山陽新聞社社長)が「予選と決勝の導入で、より集中力が求められるようになった。『瀬戸内から世界へ』のキャッチフレーズ通り、今回参加する選...    
<記事全文を読む>