【旭川】2016旭川ハーフマラソン(道北陸上競技協会、北海道新聞旭川支社などの実行委主催)が25日、旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場を発着点に行われ、秋晴れの下、これまでで最も多い4343人が快走しました。

 ハーフ(21・0975キロ)、10キロ、5キロ、3キロ、ファミリーラン3キロの5種目を行いました。ハーフの選手は午前9時にスタート。沿道の声援を受けながら、今年開園100年を迎えた常磐公園や旭橋、陸上自衛隊旭川駐屯地などを走り抜けました。

 最高タイムはハーフ男子が旭川市の斉藤秀斗さん(23)=道北陸協=の1時間10分28秒、女子は札幌市の荒川典子さん(39)の1時間28分35秒。そ...    
<記事全文を読む>