シードを除き、関西地区からの全日本駅伝出場権が一つ減って「3」となった重圧が、最後まで尾を引いた。神院大は出場権争いに絡めないまま、昨年より順位、記録ともに下回った。

...    
<記事全文を読む>