全日本大学女子駅伝(10月30日・仙台市)の予選を兼ねた関西学生対校女子駅伝は24日、神戸市北区のしあわせの村周回コース(6区間30キロ)であり、立命大が1時間39分21秒で6年ぶり11度目の優勝を飾った。兵庫の神院大は1時間46分6秒の9位で、2年ぶりに全日本駅伝出場権を逃した。

 全日本駅伝はシード校の立命大、大院大、関大を除き、上位3校の京産大、関西外大、大阪芸大が出場権を獲得した。

...    
<記事全文を読む>