第31回田沢湖マラソン(大会実行委員会主催、秋田魁新報社など共催)が18日、秋田県仙北市の田沢湖畔周回コースを主会場に行われた。国内外から5017人が出場。フルマラソン(42・195キロ)、20キロ、10キロ、ペアマラソン(3キロ)の4種目43部門で健脚を競い、計4723人が完走した。フルマラソンは男子総合で川内鮮輝(よしき、埼玉陸協)が初優勝、女子総合で鈴木絵里(能代山本陸協)が2年ぶり4度目の栄冠を手にした。

 出場選手はフルマラソン1247人、20キロ1694人、10キロ1431人、ペアマラソン645人。種目別に湖畔の4地点に分かれ、午前10時に一斉にスタートした。
<...    
<記事全文を読む>