リオデジャネイロ・パラリンピック最終日は18日(日本時間同日夜~19日未明)、女子視覚障害者マラソンが行われ、福井県勢の西島美保子(61)=福井市、日本盲人マラソン協会所属=は力走を見せたが、35キロ手前で途中棄権した。

 女子は今大会から採用され、西島ら日本勢3人を含め7人が出場。リオ市南部の海岸沿い約4キロのコースを周回して競った。

 西島は序盤は予定通り我慢のレース。5、10、15、25キロと6番手で通過、焦らず自分のペースを守った。30キロすぎ、トップに約15分の差をつけられたが5位に浮上。しかし35キロ地点を通過することができなかった。

 39歳の道下美里(三井住友海上)は3時間6...    
<記事全文を読む>